三日月丸のあいうえお歌4928

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4928
★つゆほとに
    ぬれてはきえやる
    ふろくらむ
    よめいもあそひ
    なんしうたわけ
    ねこのかみさま
    せをすへりおち

☆露程に
    濡れては消え遣る
    プログラム
    余命も遊び
    汝歌分け
    猫の神様
    背を滑り落ち

三日月丸のあいうえお歌4927

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4927
★ほのくらきみなそこより
    すれちかうしろいひとも
    やせぬむおんさへあてつけ
    ふゆをまえにたわめるはね

☆仄暗き水底より
    擦れ違う白い人も
    痩せぬ無音叉へ当て付け
    冬を前に撓める羽根

三日月丸のあいうえお歌4926

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4926
★みえぬせん
    ねいろけすわへ
    なそもひめ
    むちゆうにあふれ
    ほこりはらつて
    きおくをたとる
    まよのやさかし

☆見えぬ線
    音色消す輪へ
    謎も秘め
    夢中に溢れ
    埃払って
    記憶を辿る
    真夜の家捜し

三日月丸のあいうえお歌4925

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4925
★ろしぬけられるよう
    ひかんはなつたいに
    やみへおもむくきり
    ゆめまわすちとあせて
    そふのほねをこさえ

☆路地抜けられるよう
    彼岸花伝いに
    闇へ赴く霧
    夢回す血と汗で
    祖父の骨を拵え

三日月丸のあいうえお歌4924

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4924
★くるまさに
    ねこをあつめて
    かせのろし
    わすれぬらそうや
    はなたひほえむ
    おんふいみとけ
    よもへちりゆき

☆車座に
    猫を集めて
    風の路地
    忘れぬ裸像や
    花旅ポエム
    音符意味解け
    四方へ散りゆき

三日月丸のあいうえお歌4923

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4923
★ねころふおとりぬすむにも
    さひれたやみをそらんし
    なけきまてせつほうへかえ
    あわよくはいちるのゆめ

☆寝転ぶ囮盗むにも
    寂れた闇を諳じ
    嘆きまで切望へ変え
    あわよくば一縷の夢

三日月丸のあいうえお歌4922

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4922
★ひかんはな
    よこまえうしろ
    たわむやみ
    そらにをせおい
    あるけともゆめ
    ふてくされのねつ
    ちすへほりぬき

彼岸花
    横前後ろ
    撓む闇
    空似を背負い
    歩けども夢
    不貞腐れの熱
    地図へ彫り抜き