三日月丸のあいうえお歌☆4861

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4861
★はねるせん
 よまいのこえを
 やみなから
 ほろふさためへ
 ゆつくりあわす
 むそうにおちて
 ひもとけぬれきし

☆跳ねる線
 世迷いの声を
 病みながら
 滅ぶ定めへ
 ゆっくり合わす
 夢想に落ちて
 紐解けぬ歴史

三日月丸のあいうえお歌☆4860

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4860
★あゆみつめひねれは
 かこのうすもるえま
 さきにおちてしんや
 たくりよせほろふむら
 なそをとけぬへいわ

☆歩み詰め捻れば
 過去の埋もる絵馬
 先に落ちて深夜
 手繰り寄せ滅ぶ村
 謎を解けぬ平和

三日月丸のあいうえお歌☆4859

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4859
★はなをそろえうわさお
 らせんへふれにけるみち
 つきぬすむゆめよかたりも
 あしてまといのねこやほく

☆花を揃え噂帯び
 螺旋へ触れ逃げる道
 月盗む夢夜語りも
 足手まといの猫や僕

三日月丸のあいうえお歌☆4858

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4858
★そらへおに
 みんわのねもち
 きをひろけ
 なるほとあやつ
 ゆめぬすむはく
 こたまてしようか
 いえされせりふ

☆空へ鬼
 民話の根持ち
 木を広げ
 成る程彼奴
 夢盗む獏
 木霊でしょうか
 いえ戯れ科白

三日月丸のあいうえお歌☆4857

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4857
★あやつれぬにんちをまるめ
 ころひおえてなけくいわ
 からたしゆうのみすそよき
 ふねへもとせはむさほり

☆操れぬ認知を丸め
 転び終えて嘆く岩
 身体中の水戦ぎ
 舟へ戻せば貪り

三日月丸のあいうえお歌☆4856

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4856
★なおせぬふえ
 あめにもまけす
 かしのほう
 たひはみちつれ
 くろさへやとり
 ゆるむわらいを
 ねこそきよんて

☆直せぬ笛
 雨ニモマケズ
 カジノ法
 旅は道連れ
 黒さへ宿り
 弛む笑いを
 根刮ぎ呼んで

三日月丸のあいうえお歌☆4855

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4855
★めせんゆれて
 わさとよをぬり
 そらいろに
 むねやけほくす
 へひもこうふつ
 かしるちえのみ
 あたまはおきな

☆目線揺れて
 態と夜を塗り
 空色に
 胸焼け解す
 蛇も好物
 齧る知恵の実
 頭は翁