三日月丸のあいうえお歌☆4484

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4484
★おいぬのそみむくちまね
 ほろふせてともえひらき
 あしたへさめるりゆうつけ
 こんやはなにをわすれよか

老いぬ望み無口真似
 滅ぶ背で巴開き
 明日へ覚める理由付け
 今夜は何を忘れよか

三日月丸のあいうえお歌☆4483

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4483
★おいかせへ
 たやすくあゆみ
 まるめられ
 ひろえぬほねは
 むのふりをもち
 きしようてんけつ
 なそにことわさ

☆追い風へ
 容易く歩み
 丸められ
 拾えぬ骨は
 無の振りを持ち
 起承転結
 謎に諺

三日月丸のあいうえお歌☆4482

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4482
★たそかれのまちへもねつく
 さほうてえみとろけるゆめ
 よこならひにぬいあわせ
 ふりすむをおきはんしや

☆黄昏の街へも根付く
 作法で笑み蕩ける夢
 横並びに縫い合わせ
 プリズムを置き反射

三日月丸のあいうえお歌☆4481

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4481
★へにつけたひのせはぬれ
 あさむくみゆえなそめき
 ふうらいちもんまとわりて
 ねこをほしかるやおよろす

☆紅付けた日の背は濡れ
 欺く身故謎めき
 風籟地紋纏わりて
 猫を欲しがる八百万

三日月丸のあいうえお歌☆4480

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4480
★かみはねんころにおさえ
 たせぬなそつむちをほうい
 まゆへやとりあけくれて
 わきめもふらすしのひよる

☆神は懇ろに抑え
 出せぬ謎摘む地を包囲
 繭へ宿り明け暮れて
 脇目も振らず忍び寄る
 

三日月丸のあいうえお歌☆4479

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4479
★やそもつれ
 ろくとうえすへ
 まよいこみ
 むしのかたちに
 はねをふるわせ
 あなほりひらき
 おんさてゆめぬけ

☆耶蘇縺れ
 六道絵図へ
 迷い込み
 蟲の形に
 羽根を震わせ
 穴掘り開き
 音叉で夢抜け

三日月丸のあいうえお歌☆4478

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4478
★すはやきかせをほめ
 ねむれぬよみちわけ
 うろつくふゆてもなし
 そこいらへんにおる
 あたりまえのひとさ

☆素早き風を褒め
 眠れぬ夜道分け
 彷徨く冬でもなし
 そこいら辺に居る
 当たり前の人さ