三日月丸のあいうえお歌☆5455

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5455
★かんしようことはにならす
    むれそろえゆひたわめる
    くみせぬつきあさもやへ
    おいてけほりのふねをまち

☆感情言葉にならず
    群揃え指撓める
    与せぬ月朝靄へ
    置いてけぼりの舟を待ち

三日月丸のあいうえお歌☆5454

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5454
★にちようひ
    さみしいおとこ
    たねまけは
    もつれのせへすむ
    てんふをほやき
    あらわなるゆめ
    くろぬりかそえ

☆種蒔けば
    淋しい男
    日曜日
    縺れの背へ棲む
    天賦をぼやき
    露わなる夢
    黒塗り数え

三日月丸のあいうえお歌☆5453

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5453
★やみにむれいのちはおほろ
    うこめくまゆをよへさらせ
    ひねつてあふりたすもし
    なそときわけかえんぬる

☆闇に群れ生命は朧
    蠢く繭を夜へ晒せ
    微熱で炙り出す文字
    謎解き分け火炎塗る

三日月丸のあいうえお歌☆5452

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5452
★よそゆきに

    はんてみつくな
    あさかえり
    ほろふせへおち
    ねこめをうけとれ
    ひいるもたのむ
    まわらぬすしや

☆余所行きに
    パンデミック
    朝帰り
    滅ぶ背へ落ち
    猫目を受け取れ
    ビールも頼む
    回らぬ寿司屋

三日月丸のあいうえお歌☆5451

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5451
★かなもしやみへぬり
    ほそさゆえはせんくち
    つきにねこあらわれ
    むすふおをひろける
    とうたまてのよめい

☆仮名文字闇へ塗り
    細さ故破線朽ち
    月に猫現れ
    結ぶ緒を拡げる
    淘汰までの余命

三日月丸のあいうえお歌☆5450

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5450
★ものかたり
    らせんてはなく
    うすまきに
    こよみあむゆめ
    おそろしさつれ
    ひをわけちへぬい
    やとるほねふえ

☆物語
    螺旋ではなく

    渦巻に
    暦読む夢
    恐ろしさ連れ
    日を分け地へ縫い
    宿る骨笛

三日月丸のあいうえお歌☆5449

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5449
★ひろけられぬゆめたとる
    しあわせさかすふこうも
    ちなみにむきりよくをまね
    やんてはついのへそおほえ

☆拡げられぬ夢辿る
    幸せ探す不幸も
    因みに無気力を真似
    病んでは終の臍覚え