三日月丸のあいうえお歌☆4797

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4797
★せろをわける
 かたちにおひえ
 あとすさり
 よみきれぬむへ
 つくないまねて
 ほんのうゆらし
 もやそめはこふ
 
☆零を分ける
 形に怯え
 後ずさり
 読み切れぬ無へ
 償い真似て
 煩悩揺らし
 靄染め運ぶ

三日月丸のあいうえお歌☆4796

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4796
★たのしみは
 ほてとちつふを
 かいにゆく
 まよえるねむり
 そろわぬおもさ
 やこうあきらめ
 へんけなすせひれ

☆楽しみは
 ポテトチップを
 買いに行く
 迷える眠り
 揃わぬ重さ
 夜行諦め
 変化為す背鰭 

三日月丸のあいうえお歌☆4795

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4795
★ねこさりてろしぬけられす
 はつひいえんとのかせをきく
 ゆめよふまほうへおちる
 あみたやむわにもなそ

☆猫去りて路地抜けられず
 ハッピーエンドの風を聴く
 夢呼ぶ魔法へ落ちる
 阿弥陀病む輪にも謎

三日月丸のあいうえお歌☆4794

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4794
★まつすくに
 あめよへこほし
 ちはやふる
 さきゆうをむいた
 ねんもなそせろ
 わからぬけれと
 みのりておひえ

☆真っ直ぐに
 雨夜へ零し
 ちはやぶる
 砂丘を向いた
 念も謎ゼロ
 判らぬけれど
 実りて怯え

三日月丸のあいうえお歌☆4793

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4793
★たねゆえはせんちにうつし
 やみへぬけあおてまわす
 ひとりそらいろなかめ
 こほれるものをふさくきよむ

☆種子故破線地に写し
 闇へ抜け青で回す
 一人空色眺め
 溢れるものを塞ぐ虚無

三日月丸のあいうえお歌☆4792

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4792
★つきひとえは
 おのれあらわに
 かようゆめ
 そてむすふちを
 たやさぬろんり
 ねほけまなこへ
 しみるもくせい

☆月日問えば
 己露わに
 通う夢
 袖結ぶ地を
 絶やさぬ論理
 寝呆け眼へ
 滲みる木星

三日月丸のあいうえお歌☆4791

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4791
★ときをゆらすいちもぬれ
 ふりむくみけねこよわせ
 さんしのおやつひかえめに
 あなまてたへるそはほうろ

☆時を揺らす位置も濡れ
 振り向く三毛猫酔わせ
 三時のおやつ控え目に
 穴まで食べる蕎麦ぼうろ