読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月丸のあいうえお歌☆4309

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4309
★ちえるのふいりへ
 おわらぬみそとせ
 けんはつしこに
 あくむもやされ
 たねをまきほろひ
 すなてかようゆめ

チェルノブイリ
 終わらぬ三十年
 原発事故に
 悪夢燃やされ
 種を蒔き滅び
 砂で通う夢

三日月丸のあいうえお歌☆4308

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4308
★ほしをみすえて
 やよいへかたまり
 ひらめきのせつな
 ちそうにねあふれ
 ぬるむおんとさ
 わけゆくはころも

☆星を見据えて
 弥生へ固まり
 閃きの刹那
 地層に根溢れ
 温む温度差
 分け往く羽衣

三日月丸のあいうえお歌☆4307

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4307
★あおねこの
 つきかけみやひ
 むもさわらせ
 まほろしへふれ
 ゆめよくそたて
 とうにすいえん
 はなちりぬるを

☆青猫の
 月影雅
 無も触らせ
 幻へ触れ
 夢良く育て
 塔に水煙
 花散りぬるを

三日月丸のあいうえお歌☆4306

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4306
★あさなえるよろこひのせ
 ちはおそれへいわをぬり
 みきにかたむくふらんすも
 まほうねつしてゆめやけと
 
☆糾える喜び乗せ
 地は畏れ平和を塗り
 右に傾く仏蘭西
 魔法熱して夢火傷

三日月丸のあいうえお歌☆4305

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4305
★やみよへねそひれ
 ろしまてあゆむめ
 ほとけたわおんに
 ぬくもりをこらす
 はなさきかえる
 いのちうつふせ
 
☆闇夜へ寝そびれ
 路地まで歩む目
 解けた和音に
 温もりを凝らす
 花咲き帰る
 生命うつ伏せ

三日月丸のあいうえお歌☆4304

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4304
★みへぬれおり
 ほしなきまちと
 やえさくら
 ねをこわすもの
 そよかせにひめ
 あゆむふんたけ
 はるうつろいて
 
☆身へ濡れ降り
 星無き街と
 八重桜
 根を壊す者
 微風に秘め
 歩む分だけ
 春移ろいて

三日月丸のあいうえお歌☆4303

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4303
★ほしをぬすみさわくせへ
 ねいろそめあおてよひかけ
 はるにもつやえのらんふ
 こたまむれちきゆうとなり
 
☆星を盗み騒ぐ背へ
 音色染め青で呼び掛け
 春に持つ八重のランプ
 木霊群れ地球となり