読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月丸のあいうえお歌☆4274

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4274
★いみをそき
 ねはんにまとめ
 ほろふなら
 おちつくたひの
 かこよもわすれて
 むへさしえぬり
 あせるゆうやけ
 
☆意味を削ぎ
 涅槃に纏め
 滅ぶなら
 落ち着く旅の
 過去世も忘れて
 無へ挿絵塗り
 褪せる夕焼け

三日月丸のあいうえお歌☆4273

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4273
★そしらぬおとたまふえ
 もつれあうほろひのみこ
 るいせんてさかなをねりわけ
 ゆめよきくにはちへやすむ
 
☆素知らぬ音霊増え
 縺れ合う滅びの巫女
 涙腺で魚を練り分け
 夢良き国は地へ休む

三日月丸のあいうえお歌☆4272

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4272
★よみせとおりをまかれは
 たけぬつきろしへあそひ
 すわるえんこやねむさもち
 ゆめにいならふてくのほう
 
☆夜店通りを曲がれば
 抱けぬ月路地へ遊び
 座る縁故や眠さ持ち
 夢に居並ぶ木偶の坊

三日月丸のあいうえお歌☆4271

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4271
★よみかえる
 さいなむせんこの
 ほしまねき
 うそもおわつて
 へやにゆめぬり
 くちをひらけは
 あふれたすとろ
 
☆甦る
 苛む千個の
 星招き
 嘘も終わって
 部屋に夢塗り
 口を開けば
 溢れ出す泥

三日月丸のあいうえお歌☆4270

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4270
★みすやわらけこえてよふ
 ねむきゆうへせおいそたち
 はなをめくるさんほにも
 まかれぬろしのひとつあり
 
☆水和らげ声で呼ぶ
 眠き夕べ背負い育ち
 花を巡る散歩にも
 曲がれぬ路地の一つ有り

三日月丸のあいうえお歌☆4269

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4269
★おえてされ
 まなこをひらき
 うそあはけ
 むねんにぬるいろ
 つほみへふやし
 とわすかたりの
 ゆめもくちよせ
 
☆終えて去れ
 眼を開き
 嘘暴け
 無念に塗る色
 蕾へ増やし
 問わず語りの
 夢も口寄せ

三日月丸のあいうえお歌☆4268

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4268
★はるひかん
 まとろむゆめへ
 ねこをたく
 ほしのなきよう
 みすぬいあわせ
 やそふらさけて
 おえつりちにもれ
 
☆春彼岸
 微睡む夢へ
 猫を抱く
 星の無きよう
 水縫い合わせ
 耶蘇ぶら下げて
 嗚咽理知に漏れ