三日月丸のあいうえお歌☆4707

る☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4707
★ことはてうめるねんけつ
 まきちらかしたよへひろい
 やむほすえをみせぬわさ
 のそくふゆおりあなにもれ

☆言葉で埋める年月
 撒き散らかした夜へ拾い
 病む穂末を見せぬ技
 覗く冬降り穴に漏れ

三日月丸のあいうえお歌☆4706

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4706
★ゆひふえは
 みろくにたむけ
 ちらされて
 やせいぬのうそ
 つきよをまるめ
 りんねへこほすわ
 おとしあなかも

☆指笛は
 弥勒に手向け
 散らされて
 痩せ犬の嘘
 月夜を丸め
 輪廻へ零す輪
 落とし穴かも

三日月丸のあいうえお歌☆4705

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4705
★ねしこほれ
 ふやけたもよう
 ちにゆるんて
 めとろのおむは
 へいわをきさみ
 つまらぬあそひ
 なせくりかえす

☆螺子毀れ
 潤けた模様
 地に緩んで
 メトロノーム
 平和を刻み
 つまらぬ遊び
 何故繰り返す

三日月丸のあいうえお歌☆4704

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4704
★おほろよの
 ぬいめをたとり
 わへねむる
 きけんなくせふつ
 しゆうにあそひ
 みやこまもれは
 さらちてかえす

☆朧夜の
 縫い目を辿り
 輪へ眠る
 危険な救世仏
 自由に遊び
 都守れば
 更地で返す

三日月丸のあいうえお歌☆4703

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4703
★おもしろいつかのまへぬれ
 たてわりになそるきよむ
 ひとめあんこくをみすえ
 ほねさらせはゆうやけふち

☆面白い束の間へ濡れ
 縦割りになぞる虚無
 一目暗黒を見据え
 骨晒せば夕焼け淵

三日月丸のあいうえお歌☆4702

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4702
★めはぬれかねるふゆをもち
 わらうおんとけいてひやす
 むしろほこさきへのせ
 あたりまえによみつくなそ

☆目は濡れ難ねる冬を持ち
 笑う温度計で冷やす
 寧ろ矛先へ乗せ
 当たり前に読み継ぐ謎

三日月丸のあいうえお歌☆4701

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
4701
はなわけそほろあおにふり
 ゆひてぬすむやえのたね
 よもつかみうこめくまちへ
 ときをしらせるさいれん

☆花分けそぼろ青に降り
 指で盗む八重の種子
 黄泉神蠢く街へ
 時を知らせるサイレン