三日月丸のあいうえお歌☆4561

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4561
★よせつけぬむへんなそる
 ほのめかすいろちえおひて
 しこくあらわにさきみたれ
 とりをまねもはやふゆう

☆寄せ付けぬ無辺なぞる
 仄めかす色知恵帯びて
 地獄露わに咲き乱れ
 鳥を真似最早浮遊

三日月丸のあいうえお歌☆4560

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4560
★やこうはす
 つきへむかいて
 ゆめくるみ
 とおらぬよあけ
 ほしもちまわり
 ひたねをそろえ
 せなにふのれんさ

☆夜行バス
 月へ向かいて
 夢包み
 通らぬ夜明け
 星持ち回り
 火種を揃え
 背に負の連鎖

三日月丸のあいうえお歌☆4560

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4560
★やこうはす
 つきへむかいて
 ゆめくるみ
 とおらぬよあけ
 ほしもちまわり
 ひたねをそろえ
 せなにふのれんさ

☆夜行バス
 月へ向かいて
 夢包み
 通らぬ夜明け
 星持ち回り
 火種を揃え
 背に負の連鎖

三日月丸のあいうえお歌☆4559

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4559
★そけぬむねをせにはこふ
 やまいゆえなもためらわれ
 ろうしんりよくてかつき
 のほるあさひへとおすみち

☆削げぬ胸を背に運ぶ
 病故名も躊躇われ
 老人力で担ぎ
 昇る朝日へ通す道

三日月丸のあいうえお歌☆4558

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4558
★もくろんて
 はなをおそれる
 ほねのこえ
 ふやせぬわより
 ゆめみかちにとひ
 さすらいへむけ
 たましあうつき

☆目論んで
 花を怖れる
 骨の声
 増やせぬ輪より
 夢見勝ちに飛び
 流離いへ向け
 騙し合う月

 

三日月丸のあいうえお歌☆4557

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4557
★しようねんはからまわりに
 おちこほれのみすをため
 けむるゆひてせろへあそふ
 やくさないぬともえつき

☆情念は空回りに
 落ち零れの水を溜め
 煙る指で零へ遊ぶ
 やくざな犬と燃え尽き

三日月丸のあいうえお歌☆4556

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4556
★せへぬりたやすわけまえ
 ねつゆるむそらみとおし
 ほろひこかれてあきにさく
 ふようのはなをいちもんめ

☆背へ塗り絶やす分け前
 熱緩む空見透し
 滅び焦がれて秋に咲く
 芙蓉の花を一匁目