三日月丸のあいうえお歌☆5049

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
5049
★ほむらもたぬいきさまに
    ねつをわすれるちかへおり
    やみのよはくこけてうめ
    ゆひえんとなしあそふせろ

☆炎持たぬ生き様に
    熱を忘れる地下へ降り
    闇の余白苔で埋め
    指円と成し遊ぶ零

三日月丸のあいうえお歌☆5048

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
5048
★あすにふれ
    せをぬるほむら
    ちはへんけ
    かみわさてひねり
    もしつなきおえ
    ゆめのことたま
    ようやくそろい

☆明日に触れ
    背を塗る焰
    血は変化
    神業で捻り
    文字繋ぎ終え
    夢の言霊
    漸く揃い

三日月丸のあいうえお歌☆5047

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
5047
★みえぬかせは
    やひろのふね
    まゆそたて
    ちへもとめられ
    あおにきようしん
    すいこむつほを
    さりけなくわる

☆見えぬ風は
    八尋の船
    繭育て
    地へ求められ
    青に共振
    吸い込む壺を
    然り気無く割る

三日月丸のあいうえお歌☆5046

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
5046
★ほりおこすよふけにひえ
    まるてゆめみたなせぬわさ
    あれからはやいちねんの
    むつきへろうそくをともし

☆掘り起こす夜更けに冷え
    まるで夢見た為せぬ技
    あれから早や一年の
    睦月へ蝋燭を灯し

三日月丸のあいうえお歌☆5045

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
5045
★ゆれるつきよになまめいて
    あやかしもりへはえそろう
    ぬすむこけのわひをふみ
    たねおちほとくさらせん

☆揺れる月夜に艶めいて
    妖かしの森へ生え揃う
    盗む苔の侘びを踏み
    種子落ち解くサラセン

三日月丸のあいうえお歌☆5044

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
5044
★ましかるふらんつ
    わけへたてもなく
    すいこむゆうきり
    やとせぬほのお
    ねにひめそろえ
    あさよちをみはれ

☆マジカルプランツ
    分け隔ても無く
    吸い込む夕霧
    宿せぬ炎
    根に秘め揃え
    朝夜地を見張れ

三日月丸のあいうえお歌☆5043

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です。
5043
★おそるへき
    あさをもくろむ
    よひこえは
    せわけふれぬつち
    ゆめならまほう
    すねにやとりし
    いたてんのかみ

☆恐るべき
    朝を目論む
    呼び声は
    背分け触れぬ土
    夢なら魔法
    脛に宿りし
    韋駄天の神