☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6174
★せをさひれ
 うちおとすほし
 なそらえて
 きんいろあまかわ
 よるたつふねは
 やみへにけこむ
 ゆめのぬくもり

☆背を寂れ
 撃ち落とす星
 擬えて
 金色天河
 夜発つ船は
 闇へ逃げ込む
 夢の温もり

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6173
★やくひへおにをたすよわ
 きそうてんかいせつなのむ
 ゆめまほろしあるけはさり
 もとれぬみちえらふねこ

☆厄日へ鬼を出す夜半
 奇想天外刹那の無
 夢幻歩けば去り
 戻れぬ道選ぶ猫

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6173
★やくひへおにをたすよわ
 きそうてんかいせつなのむ
 ゆめまほろしあるけはさり
 もとれぬみちえらふねこ

☆厄日へ鬼を出す夜半
 奇想天外刹那の無
 夢幻歩けば去り
 戻れぬ道選ぶ猫

三日月丸のあいうえお歌☆6110

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6110
★やしろゆい
 えらひもせすに
 ふきわれの
 さんみなそかけ
 ことたまちをぬり
 ほねはむようへ
 あつめておくる

☆社結い
 選びもせずに
 吹割れの
 三位謎掛け
 言霊地を塗り
 骨は無用へ
 集めて送る

三日月丸のあいうえお歌☆6109

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6109
★むをえてこへやるせなく
 かわらぬいちともすれは
 ふあんよそおうけさのねつ
 ひたりまほろしみきにゆめ

☆無を得て弧へ遣る瀬無く
 変わらぬ位置ともすれば
 不安装う今朝の熱
 左幻右に夢

三日月丸のあいうえお歌☆6108

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6108
★ものいうむくろ
 たしやれひねるえ
 ふゆそらへこほす
 ぬけあなさかせは
 てんちにつきよみ
 おわりをまとめ

☆物言う骸
 駄洒落捻る絵
 冬空へ溢す
 抜け穴探せば
 天地に月読
 終わりを纏め

三日月丸のあいうえお歌☆6107

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6107
★つむはなへ
 こたえぬふあん
 まやかしも
 せほねをとおる
 みちにさそわれ
 ゆめのりよういき
 ひろけてくらす

☆摘む花へ
 答えぬ不安
 瞞しも
 背骨を通る
 道に誘われ
 夢の領域
 広げて暮らす