三日月丸のあいうえお歌☆6069

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6069
★はやおきて
 ひろうほしくす
 ねこめつれ
 よからぬふるまい
 けえむへそたち
 ものみゆさんを
 となりあわせに

☆早起きで
 拾う星屑
 猫目連れ
 良からぬ振舞い
 ゲームへ育ち
 物見遊山を
 隣合わせに

三日月丸のあいうえお歌☆6068

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6068
★きようめいするほねくみの
 おんさならしてつふやけは
 せろとわにぬりえそかれ
 あたまへゆひをもちこむ

☆共鳴する骨組みの
 音叉鳴らして呟けば
 零と輪に塗り絵削がれ
 頭へ指を持ち込む

三日月丸のあいうえお歌☆6067

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6067
★おそいあさ
 ねたらぬひみつ
 むにえりわけ
 ときはなかれて
 こくうをすへる
 やちよのゆめも
 せんふまほろ

☆遅い朝
 寝足らぬ秘密
 無に選り分け
 時は流れて
 虚空を滑る
 八千代の夢も
 全部まぼろし

三日月丸のあいうえお歌☆6066

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6066
★つまさきたちのこうけいへ
 やむよみせひらかすゆめ
 りんねはふえるほとなそ
 ぬれてにあわをおもしろく

☆爪先立ちの光景へ
 病む世見せびらかす夢
 輪廻は増える程謎
 濡れ手に粟を面白く

三日月丸のあいうえお歌☆6065

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6065
★ちへのせて
 ふかみにほとけ
 れつこそり
 ねむらぬもうしや
 まよわすめいろ
 たえんをおひる
 ゆくさきはあな

☆地へ乗せて
 深みに解け
 列挙り
 眠らぬ亡者
 迷わす迷路
 楕円を帯びる
 行く先は穴

三日月丸のあいうえお歌☆6064

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6064
★やおへひの
 あなにほそみち
 わたさぬえす
 ろしをまかれは
 ゆめふきよせる
 とりいつらねて
 こくうもむけん

☆八百蛇の
 穴に細道
 渡さぬ絵図
 路地を曲がれば
 夢吹き寄せる
 鳥居連ねて
 虚空も無間

三日月丸のあいうえお歌☆6063

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6063
★もろさためなそときまね
 へにをぬるゆうやみわひ
 あすはしくれのふらいてえ
 かせおりこむほんちよつけ

☆脆さ溜め謎解き真似
 紅を塗る夕闇侘び
 明日は時雨のフライデー
 風織り込むポンチョ着け