三日月丸のあいうえお歌☆5981

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5981
★しんためて
 なけきをまねる
 やふにらみ
 れいこくむのう
 つはさゆえほろひ
 あそへぬよすか
 ちとせもおわり

☆死んだ目で
 嘆きを真似る
 薮睨み
 冷酷無能
 翼故滅び
 遊べぬ縁
 千歳も終わり

三日月丸のあいうえお歌☆5980

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5980
★うまれかわりのきよむを
 みしらぬほさつへにせて
 なそはおやたちとねころひ
 すくいあけるゆめもえんふ

☆生まれ変わりの虚無を
 見知らぬ菩薩へ似せて
 謎は親達と寝転び
 掬い上げる夢も円舞

三日月丸のあいうえお歌☆5979

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5979
★やわらかく
 ひとつおほえて
 まねされぬ
 ちなみにゆめは
 たいきようする
 のこりもしせろへ
 むけんをあそふ

☆柔らかく
 一つ覚えて
 真似されぬ
 因みに夢は
 胎教する
 残り文字零へ
 無限を遊ぶ

三日月丸のあいうえお歌☆5978

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5978
★ゆめつかのまにしみわたり
 なおせぬえすへやさくれ
 ほろひよをあそふねこら
 いきてるうちはむけんとも

☆夢束の間に染み渡り
 直せぬ絵図へやさぐれ
 滅び夜を遊ぶ猫等
 生きてるうちは無限とも

三日月丸のあいうえお歌☆5977

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5977
★あつらえの
 くすりてなおる
 よこれんほ
 ちにはやむもし
 かみさひたゆめへ
 ふぬけをまとう
 ねいきそろわせ

☆誂えの
 薬で治る
 横恋慕
 地には病む文字
 神さびた夢へ
 腑抜けを纏う
 寝息揃わせ

三日月丸のあいうえお歌☆5976

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5976
★せそうよむまぬけなかお
 あやつりのいとをもさく
 はるへゆられほちにみたす
 しんひきわめてねころふえ

☆世相読む間抜けな顔
 操りの糸を模索
 春へ揺られ墓地に満たす
 神秘極めて寝転ぶ絵

三日月丸のあいうえお歌☆5975

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
5975
★うすもれた
 とりいならへる
 つかのまに
 やみよふせぬち
 ねむきあさおえ
 ほろひそめわけ
 しゆをはくてんこ

☆埋もれた
 鳥居並べる
 束の間に
 闇夜伏せぬ地
 眠き朝終え
 滅び染め分け
 朱を吐く天狐