三日月丸のあいうえお歌☆6110

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6110
★やしろゆい
 えらひもせすに
 ふきわれの
 さんみなそかけ
 ことたまちをぬり
 ほねはむようへ
 あつめておくる

☆社結い
 選びもせずに
 吹割れの
 三位謎掛け
 言霊地を塗り
 骨は無用へ
 集めて送る

三日月丸のあいうえお歌☆6109

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6109
★むをえてこへやるせなく
 かわらぬいちともすれは
 ふあんよそおうけさのねつ
 ひたりまほろしみきにゆめ

☆無を得て弧へ遣る瀬無く
 変わらぬ位置ともすれば
 不安装う今朝の熱
 左幻右に夢

三日月丸のあいうえお歌☆6108

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6108
★ものいうむくろ
 たしやれひねるえ
 ふゆそらへこほす
 ぬけあなさかせは
 てんちにつきよみ
 おわりをまとめ

☆物言う骸
 駄洒落捻る絵
 冬空へ溢す
 抜け穴探せば
 天地に月読
 終わりを纏め

三日月丸のあいうえお歌☆6107

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6107
★つむはなへ
 こたえぬふあん
 まやかしも
 せほねをとおる
 みちにさそわれ
 ゆめのりよういき
 ひろけてくらす

☆摘む花へ
 答えぬ不安
 瞞しも
 背骨を通る
 道に誘われ
 夢の領域
 広げて暮らす

三日月丸のあいうえお歌☆6106

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6106
★ふゆにまよけをぬりおえ
 やとへねころひみあわせる
 はいさらほんちうめつくす
 むなしきものたそかれて

☆冬に魔除けを塗り終え
 宿へ寝転び見合わせる
 灰皿盆地埋め尽くす
 虚しきもの黄昏れて

三日月丸のあいうえお歌☆6105

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6105
★またらかみ
 つのはやすねを
 さくりあて
 ほろひうそふき
 ぬいこむしゆもん
 えなへよせちる
 わけめへおとれ

摩多羅神
 角生やす根を
 探り当て
 滅び嘯き
 縫い込む呪文
 胞衣へ寄せ散る
 分け目へ踊れ

三日月丸のあいうえお歌☆6104

☆あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ重複せず全て使い切って作る新定型詩、不思議な現代版いろは歌です。
6104
★ほころへぬゆめもひきよせ
 さんいやとりねはるくちえ
 またらかみうしにのつて
 あそふむれをわけなおす

☆綻べぬ夢も引き寄せ
 三畏宿り粘る口絵
 摩多羅神牛に乗って
 遊ぶ群を分け直す