読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月丸のあいうえお歌☆4287

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4287
★はしめのいつほへさそう
 ふらちをみせぬむねゆえ
 あますことなくひろわれて
 よもやかんけりおにきたる

☆始めの一歩へ誘う
 不埒を見せぬ胸故
 余す事無く拾われて
 よもや缶蹴り鬼来る

三日月丸のあいうえお歌☆4286

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4286
★おとさひぬるむみすもれ
 ちのねせんやあまたなり
 きよほくへかけらゆわえて
 こそうろつふにいしをはめ

☆音寂び温む水漏れ
 地の音千夜数多なり
 巨木へ欠片結わえて
 五臓六腑に石を嵌め

三日月丸のあいうえお歌☆4285

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4285
★あさきせろやえにめくり
 おとならすねつもちひそみ
 たまこわれむゆうをぬけ
 かへよしのほるはんふてい

☆浅きゼロ八重に巡り
 音鳴らす熱持ち潜み
 卵割れ夢遊を抜け
 壁攀じ登るハンプティ

三日月丸のあいうえお歌☆4284

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4284
★かんなひへくもけすられ
 ゆうやみよせてちほそめ
 あわいねむりにまふたとし
 ころはぬさきのつえをおる

神奈備へ雲削られ
 夕闇寄せて地細め
 淡い眠りに瞼閉じ
 転ばぬ先の杖を折る

三日月丸のあいうえお歌☆4283

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4283
★やよいせおうわのころひ
 はるめくつゆへちりぬれ
 ふみえかさねてけすほしも
 あとらんたむになそをまき

☆弥生背負う輪の転び
 春めく露へ散り濡れ
 踏み絵重ねて消す星も
 アトランダムに謎を撒き

三日月丸のあいうえお歌☆4282

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4282
★やむをえぬ
 もんよりころひ
 あまそたて
 つきふねとおせは
 ゆうくれへさる
 ほしなめらかに
 いのちすみわけ

☆止むを得ぬ
 門より転び
 海人育て
 月船通せば
 夕暮へ去る
 星滑らかに
 命棲み分け

三日月丸のあいうえお歌☆4281

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4281
★やこうはすたあみなる
 まほろしのせいちにそつくり
 ねむれぬゆひかめらをふき
 わおんさえてよもへとけ

☆夜行バスターミナル
 幻の聖地にそっくり
 眠れぬ指カメラを拭き
 和音冴えて四方へ溶け