読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月丸のあいうえお歌☆4251

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4251
★ほころふはなへさそわれて
 きえるまちをねむりぬけ
 おにのもしとうせゆらす
 よいやみあかくつめたひん
  
☆綻ぶ花へ誘われて
 消える街を眠り抜け
 鬼の文字と失せ揺らす
 宵闇紅く詰めた壜

三日月丸のあいうえお歌☆4250

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4250
★あえてたわめほちへしすむ
 せんれつなるゆうひよふ
 はさまにくろねこのかけ
 やみをぬらりとおもいそき
  
☆敢えて撓め墓地へ沈む
 鮮烈なる夕陽呼ぶ
 狭間に黒猫の影
 闇をぬらりと尾も急ぎ

三日月丸のあいうえお歌☆4249

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4249
★ゆめをとひむねへはりつき
 あせぬえもさそわれる
 まろやかなにおいこほす
 ふくらみたてのしんちようけ
  
☆夢を跳び胸へ張り付き
 褪せぬ絵も誘われる
 円やかな匂い零す
 膨らみたての沈丁花

三日月丸のあいうえお歌☆4248

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4248
★やむをえすならふゆめも
 つるへおとしにたそかれて
 よませぬほこりけねんあひ
 いわはちみのくろうさき
 
☆止むを得ず並ぶ夢も
 釣瓶落としに黄昏て
 読ませぬ誇り懸念浴び
 謂わば魑魅の黒兎

三日月丸のあいうえお歌☆4247

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4247
★せまきふところぬけおち
 よみへゆくほたん
 れつてるはりの
 いめえしそうさに
 ひねもすなわをあむやから
 
☆狭き懐抜け落ち
 黄泉へ行く釦
 レッテル貼りの
 イメージ操作に
 終日縄を編む輩

三日月丸のあいうえお歌☆4246

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4246
★ひゆあにおわす
 むねへやみよを
 からめとるころ
 せんふまぬけの
 もつれはなし
 きえてくたさい
 ほちそうり
 
☆ピュア匂わす
 胸へ闇夜を
 絡め取る頃
 全部間抜けの
 縺れ話
 消えて下さい
 ポチ総理

三日月丸のあいうえお歌☆4245

あいうえお歌とは50音46文字を一つずつ全て使い切って作る不思議な言霊の歌、現代版いろは歌です
4245
★つちにませみたす
 おこそかないわへ
 えらはれようと
 しふんをあさむき 
 ひるねのゆめも
 ほやけてくろぬり
    
☆土に混ぜ満たす
 厳かな磐へ
 選ばれようと
 自分を欺き
 昼寝の夢も
 ぼやけて黒塗り